正しい英語力(英会話力)を身につけたい人のための、ネイティブ講師のこれだけは確認しておきたい7つのチェック項目

みなさん色々な観点から英語・英会話の上達について試行錯誤されていると思いますが、
英語は上達したいけれどあまりお金をかける気はないというのが、大多数意見のようです。

でもあなたの受けている英語レッスン、そのクオリティは大丈夫ですか?

どんな英会話レッスンを望むのか最後はその人の価値観ですが、この7つがその一助となればと思います。

1, 価格に見合った英語レッスン内容であること

低料金を売り物にしている所が多いですが、安かろう悪かろうになっていませんか?

2, 会話中に適宜こちらの間違った英語の使い方を直してくれる

あなたの英会話表現がそのまま放置になっていませんか?

3, あなた(生徒)の目を見て集中している

スマートフォンをいじりながら会話をしていませんよね(先生とは言えない論外な態度です)

4, その英会話(レッスン)にテーマがある

ただの世間話になっていませんか?

5, 先生が(レッスンのテーマに基づいて)会話を導いている

こちらの話す内容に先生が受身で受け答えしているだけになっていませんか?

日本語を解さない外国人の先生の場合、初級英会話レベルでレッスンテーマを英語の意思疎通だけで確認しきるのは難しいかもしれません。

6, 英語レッスンの目的が先生と事前に確認ができている

このレッスンはどこに向かっているのでしょう?ただの世間話?

こちらも前述の5,同様

7, きれいな英語を話す先生

ブロークンな英語だったり独特のクセのある英語ではありませんか?

【こだわる人向け】(英語を第2外国語とする人へ教える)正規教員免許を持っている人であること

「その国の言葉を習得したいなら、結局はその言葉を話す国に留学なり腰を落ち着けて身も心もどっぷり浸かることが少しの出費を考えても結局「一番の早道」と思います。

それでももろもろ色々な事情でそうした環境は難しいという方がほとんどでしょう。
下記もご参照ください。

以下の目的で短期に割り切るにはアリかもしれませんが。。。

  • 外国人(欧米人)コンプレックスを払拭したい。
  • 根性試し(英会話は肝だめしではありません)
  • ブロークンな英語で構わない(一度ブロークンになれてしまうと、きちんとした表現は身につけづらくなるのは確か。「お里が知れる」というのはありますね)
  • ブロークンな英語を話す人と友達になりたい。

上記の短期で割り切る方法ではない「英語を身につける王道」をお探しなら、一度ご相談ください。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

サブコンテンツ

このページの先頭へ