医療現場向け実践英語クラス

  • 当講座はお忙しい方向けに、ご自宅からのオンラインレッスンもご利用可能です。

専門的な医療英語を勉強する前に、来院された外国からの患者さんにまず何と声かけしますか?もう少し英語に自信をつけたい方、一度ご相談ください

日本語を母国語としない患者さんと英語で話そう

英語のコミュニケーション力をアップ

医療現場で英語を話そう

クラス対象者と目的

女性の看護士

【目 的】日本語を母国語としない患者さんとの最低限かつ効果的なコミュニケーション力を高めていきます。

下記リンク「当英語教室のご活用例(ケーススタディ)内、医療現場向け実践英語クラス お仕事で英語をもっと活用したいKさんの場合」を参照ください。

【対 象】医療従事者(特に患者さんと直接関わるお仕事)の方々

英語を話しますか?ロゴ

  • 医師
  • 看護師
  • 助産師
  • 健康教育や健康増進の担当者
  • 理学療法士などの各種治療者
  • 栄養士
  • 言語治療者
  • 放射線技師
  • 薬剤師など臨床にかかわる専門家
  • その他

ク ラ ス 概 要

  • 当講座はお忙しい方向けに、ご自宅からのオンラインレッスンもご利用可能です。

【曜 日/時 間】週1回(月4回授業) 曜日や時間、レッスン回数はご相談の上、決定いたします。

以下の要素をベースに生徒さんのレベルやニーズにあわせてご指導いたします。

1. 日常会話 Small Talk(スモールトーク)

挨拶、声がけ、国、年齢、職業一切関係なく気持ちの良く誰とでも交わせる短い会話。

2. Non-verbal communication (言葉以外のコミュニケーション)

表情、ジェスチャー、パーソナルスペースなど国によって異なる態度の違いによって、誤解や、不安感を与えないための理解。

3. 異文化理解

習慣や常識が国によって全く異なる場合があるため。

4. 医療における指示確認

わかりやすい指示。(出来るだけ簡単な表現方法、単語の習得)

短い文章の作り方 (2語文、3語文)

理解確認 の仕方

費 用/対応できること

【費 用】ベーシック・ステップアップクラスに準ずる。

  • 費用は体験時の診断テストや授業で取扱う専門領域により決定いたします。
  • 医院への出張グループレッスンも行っております。
  • プレゼンテーション準備やプレゼン資料作成サポートも行っております。
  • 週2以上の複数回の授業や集中受講も対応しております。ご相談ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ